野菜のなかでは割合に育てやすいトマトですが、成育法によっては枯れてしまうことが見受けられます。

ここでは、トマトが枯れる要因を5つ議題にしてみました。

心当たりがある方は、ぜひ判断基準としてみて下さいね。

 

トマトがうまく育たない原因

 

カルシウム欠如による尻腐れ症

 

大玉トマトは、結実の肥大と共に果実の下のほうが黒褐色になって陥没する“尻腐れ症”という生理トラブルが引き起こされるケースがあります。

尻腐れ症が発生する原因は、肥料バランスが悪くなることや、カルシウム欠乏が想定されます。

尻腐れ症を緩和・阻止するには、カルシウム混合の”植物用活力液 リキダス”がもってこいです。

 

通風がよろしくない

 

風通しが良くないと水分を含んで水分が停滞しやすくなるため、葉が枯れたり、病気に冒されやすくなったり、害虫被害に遭いやすくなったりするのです。

こういった状況を守るためには、風通しの良いポイントで栽培する、葉と葉が重なり合わないよう間引きを行う、株と株中にしっかりした距離を置くなどといった、通風の対応策をとりましょう。

 

過湿によって根が傷ついている

 

トマトは、過湿に弱い植物です。

お水を与えすぎている、土の水はけがよろしくない、植木鉢の通気性が悪いといった影響で根が加湿状態になっていると、根が傷んで葉が干上がる引き金になります。

トマトの用土には水はけが良好な野菜用培養土などをチョイスし、植木鉢には不要な水を逃がすものを用いましょう。

水やりは土が完璧に乾燥したらすると良いでしょう。

 

連作障害

 

トマトは、病気におかされやすい植物です。

オーソドックスな疾患は、青枯病や疫病、黄化葉巻病、灰色かび病、葉かび病、萎凋病など。

どの場合も、茎や葉が萎えたり枯れたりしてしまうのです。

そういった疾病を阻止するためにまず大事なことは、連作を回避するということです。

同じ土に何回も同じ科の植物を植えることは止めるべきです。

どうやっても同じ科の植物を植えなくてはいけないケースでは、接木苗を利用することが必要です。

 

また、水の与え過ぎにも留意。

過湿は疾病がもたらされる要因になります。

 

日当たりが不足している

 

トマトは、日当たりが好きな植物です。

日陰や1日にいくらかの時間程度しか日が当たらないようなスポットで育成していると、日照不足で枯れやすくなっていくというわけです。

 

また、葉が茂りすぎて重なり合い、お天道様がよく当たらなくなっていることもあるはずです。

可能ならば日当たりの良いポジションで育て、葉が混み合いすぎないよう臨機応変に摘葉するといいでしょう。

 

このほか、壌土をビニールで覆い、水やり時の泥の跳ね上がりをストップさせることも、病気の発生防止に効果的です。

これにより、土壌中のウイルスや病原体が茎や葉の傷口に引っ付くことによる病気の感染をガードすることができます。

 

まとめ

 

本日ご説明したように、トマトが枯れてしまう、うまく成長をしてくれないのには必ず要因があります。

また、「枯れてはいないものの、なんだか調子が出ないな」というケースにも、これらの条件が条件に沿ったかもしれません。

 

ぜひ、もう一度おうちのトマトの生育状況や育て方をチェックしてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です